トップページ > 地球と水

地球と水

「地球は青かった」というのは、1961年に人類初の有人宇宙飛行を成功させた、宇宙飛行士ガガーリンの言葉です。地球が青く見えるのは、その表面の約71%が海水で覆われているからです。

地球上の水はその97%が海水で、淡水は残り3%しかありません。その3%もほとんどが氷河や氷山で、淡水湖・河川水・地下水浅など人間が直接活用できるのは、総量の1%未満とされています。その中で飲料水も生み出されています。

水は、常に地表から蒸発し、雨として降水し、河川となって流れ、土壌に浸透し、地球上を循環し続けています。人間は古来からそうした働きを生活の中に取り込んできました。現代、水質汚染や水蒸気による温室効果など、水に関わる地球環境問題も大きくなっています。生活者の1人1人が、地球人として水問題を考えていく必要があるのです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ウォーターサーバー【秋田県で人気の天然水宅配!】. All Rights Reserved.